PR

業界10年目が未経験からRubyエンジニアとして転職するまでのロードマップを考えてみた

記事内に広告が含まれています。

職場に未経験からエンジニアとして入社されている人がいらっしゃいました。

聞けば色々と苦労されたそう。勉強などは大変みたいでした。

その方に入社されるまで勉強したことを聞いたことを参考に、未経験からRubyエンジニアとして就職するまでのロードマップを業界10年目を迎えた私が考えてみました。

Progate

まずはProgateでプログラミングなどをしてみましょう。

Rubyエンジニアになるために必要なものは以下かなと思います。

  • HTML&CSS
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • Comand Line
  • SQL

です。

ほんとは「Git」や「JavaScript」もしたほうがいいのですがあまり多すぎても挫折してしまうので本当に必要最低限なものにしぼりました。

コツとしてはひとつひとつ完全に理解しようとするのではなくて、こういうことができるのかとざっとした理解で十分ということです。

なにしろ未経験からですからね。それで十分だと思います。

なりたいエンジニアを想像する

エンジニアはすごくざっくりいうと3つに分けられます。

  • インフラエンジニア
  • フロントエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア

Rubyエンジニアはサーバーサイドエンジニアになります。

もしProgateでHTMLやCSSが楽しかったらフロントエンジニア、Comand Lineが楽しかったらインフラエンジニアを検討してみましょう。

なりたいエンジニアを想像することは大事です。

エンジニアになるためには多くの知識を身につける必要があります。なりたいエンジニアを明確にすることでいらない知識を身につけることをなくします。

また、エンジニア転職に挫折するかた結構多いです。

モチベーションを高めることも忘れないようにしましょう。

Rubyを身につける

書籍を読む

Rubyの説明書を一つは持っておきましょう。

プロを目指す人のためのRuby入門

おすすめの本です。Rubyの基礎について知りたいのなら必読の本になります。

一度目を通すだけでなくわからないことがあったら見返していきましょう。

問題を解く

プログラミングを覚えるのには本を読むだけでは駄目で実際にコードを書くのがとても大事です。

初心者は何を書いたらいいかわからないと思うので問題集を解きましょう。

おすすめは言語処理100本ノックです。

プログラミングで言語処理の問題が乗っています。第三章:正規表現までぜひやりましょう。

プロを目指す人のためのRuby入門:第6章 正規表現を理解するの章まで読んだらチャレンジしてみましょう。

重要なのは毎日コツコツ解くことです。

毎日プログラミングをしていけば脳がプログラミング脳になり次第に上達していくことでしょう。

Ruby on Railsを身につける

Railsチュートリアルをやりましょう。

Ruby on Railsのチュートリアルサイトです。私もやりました。

X風のSNSを作れるようになります。Web制作の基本が詰まっています。

結構難しいですがここでもコツコツやりましょう。ネットで検索すればRailsチュートリアルをさらに解説したサイトなどもあるので参考にしましょう。

ここで書いたコードは以降も見直すことになると思います。理解しておきましょう。

ポートフォリオを制作する

Ruby on Railsを使ってWebサービスを作ってみましょう。

Webサービスを作るとなるとハードルが高く感じると思いますがそんなことありません。

1から未経験の人がWebサービスを作るところまで勉強し実際に作り上げたということが大事なのです。

未経験からそこまでする人はあまりいません。

実際のコードなどは拙いところもあると思いますが面接官はそんなこと百も承知だと思います。

ただ自分で書いたコードは説明できるようにしておきましょう。

どんなWebサービスを作るかということですがなんでもいいと思います。

良いWebサービスを考えるのはサーバーサイドエンジニアの仕事ではないからです。

こういったところで仕事を想像することが活きてきます。

最後に

未経験から就職までのロードマップを考えてみました。

やはり結構やることが多いですね。

ただコツコツ毎日コードを書いていけば達成出来ると思います。

未経験からエンジニアを目指す人にこの記事が参考になれば。

コメント

タイトルとURLをコピーしました