PR

スキルアップしたいエンジニア必見!アウトプットの重要性とその方法

記事内に広告が含まれています。

いつも「エンジニアとしてスキルアップしたいがどうすればいいか分からない」と悩んでいませんか?

この記事で紹介する「エンジニアのアウトプット」を実践すると、だれでもエンジニアとしてスキルアップすることができます。

僕も実際に実践して、エンジニアとしてスキルアップしたことを実感したからです。

この記事ではアウトプットの重要性の説明をし実践方法もご紹介します。

記事を読み終えると、今後アウトプットで悩むことはなくなりエンジニアとしてスキルアップすることが出来ます。

アウトプットの重要性

アウトプットはなぜ重要なのでしょうか。

ここではアウトプットの重要性を3つ程紹介します。

実際に手を動かせる

エンジニアの勉強は本やドキュメントを読むだけでは理解したことになりません。読んだだけで勉強した感じはしますがいざコードを書いてみると何も書けないということはよくあります。

実際にコードを書いて体に染み込ませる必要がありそれにはアウトプットが最適です。

コードを書くことは理解度チェックにも役立てることが可能です。コーディングしているときに詰まることがありますが覚えていないことが原因です。

そのときは再度ドキュメントに戻って確認するとより理解できます。

私も新しい言語を覚える際には、本を読むだけではなく実際にコードを書いて動かしてみています。コードを書かないと覚えられないんですよね。

よくTodoアプリを作って機能を確かめています。

フィードバックを貰える

アウトプットをしてブログやGithubに載せているとフィードバックが貰えることがあります。

自分では気づかない問題点を指摘され新たな知識が得られるでしょう。

また、他のエンジニアがアウトプットしていたら質問やアドバイスなどしてみましょう。

議論をすることは他人の視点を知る絶好の機会であり新たな視点を得られるでしょう。

スキルの証明になる

社内評価や転職活動の際にアウトプットを残しておくと評価されることがあります。

面接だけでは技術レベルを正確に測ることは困難なのでコードを実際に見たいという面接官は多いと思います。

アウトプット自体が自分のスキルの証明になりミスマッチングの確率も減るでしょう。

少し難しい技術にもチャレンジしてみてアウトプットを残しておくとスキルとして評価される可能性が高くなります。

私は転職活動の際にGithubのURLを履歴書に書いて面接官に見てもらったことがあります。

面接の際に技術の深掘りをされ無事答えることができ、内定をもらえたことがありました。

アウトプットの方法

それではアウトプットの方法とはどんなものがあるでしょうか。

色々ありますがここでは3つ程紹介いたします。

個人開発をする

個人開発としてライブラリやWebサービスを作ってみましょう。

あったら便利なものなどちょっとしたアイデアを考えてみると作るべきものが浮かんできます。

完成したらぜひ公開してフィードバックを得ましょう。フィードバックから改良しよりよいプロダクトを目指しましょう。

最初は使ってくれる人が少ないと思うのでQiitaなどの技術サイトに載せると人が来てくれることが多いです。

仕事で使う技術の深掘りをする

仕事で色々と新しい技術を使うことは多いと思います。

その時はアウトプットをして技術の理解を深めましょう。実際に触って見てコードを書いてみると新たな知見が得られます。

仕事で必要な部分だけ触っていると知識が細切れになってしまいます。基礎から理解することによって今後生かされることが多くなるでしょう。

仕事で触った技術ですから職務経歴にも記載可能で転職活動の際に評価されるでしょう。

仕事で触った技術はぜひ深掘りして知識を定着しましょう。

アウトプットを習慣にする

アウトプットを継続的に続けていくために習慣にしましょう。

アウトプットをしようと思っても続かない人多いと思います。

疲れますし他にやりたいことも色々ありますからね。

そんなときは毎日コツコツ短時間でも良いのでとりあえず手につけましょう。簡単なものでもかまいません。習慣化するために毎日やることを意識することが大切です。

いずれ習慣になりアウトプットをしないと落ち着かないようになります。

私は毎日夜ご飯を食べた後、アウトプットをすることにしています。

時間を決めて習慣にすることはオススメで体が自然と動くようになります。

アラームをセットして忘れないようにするのもオススメです。

まとめ

アウトプットはエンジニアをスキルアップさせるオススメの方法です。

アウトプットには個人開発やライブラリの開発などがあります。

アウトプットをしていると転職活動で評価されることがあります。

習慣化して継続的に続けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました