PR

AWSのサービスや機能を理解するための実践的な勉強方法を紹介!

記事内に広告が含まれています。

AWSについて理解したいが「どうやって勉強すればいいかわからない」と悩んでませんか?

この記事で紹介する「AWSの勉強方法」を実践すると、誰でもAWSについて理解する勉強方法を実践できます。

なぜなら、私も実際に実践してAWSについて勉強し業務で使えるようになったからです。

この記事では、AWSの勉強方法について説明します。

この記事を読み終えると今後AWSの勉強方法で悩まずAWSについての理解が得られるでしょう。

AWSの全体像を把握する

まずAWSについて勉強する下準備としてAWSの全体像をざっくり把握することをおすすめいたします。

AWSのサービスや考えを学ぶことにより、後の勉強を理解するのに役立てます。

AWSは成長を続け今では巨大なサービスとなっており全てを把握するのは困難を極めます。

主要なサービスや自分が必要そうなサービスを見極めることによって効率的な勉強をすることができます。

AWSの全体像について勉強するおすすめのURLを紹介します。

AWS 初心者向け資料

AWSを使ったことない人向けの資料をまとめているページになります。

ここにまとめられている資料を読めばAWSについての知識が得られるでしょう。

カテゴリ別に資料が分けられているので自分に必要なものや興味のある分野だけでも読んでおきましょう。

AWS の クラウドが選ばれる 10 の理由

AWSが使われている理由が説明されています。

そのままAWSのメリットについて理解できることになるのでAWSの良さがわかります。

PDFカタログもありダウンロード可能ですので上司や顧客に説明する資料としても使えるでしょう。

AWSの利点を説明できないと業務で使う理由がないですからね。

お客様のクラウド導入事例

実際にAWSを導入したケースについて紹介されてます。

AWSを導入した理由や実際の運用方法が載ってますので実際に自分がAWSを導入した際のイメージが出来るようになるでしょう。

導入した企業を見てみると誰もが知っている有名企業が導入していて安心して導入できますね。

導入事例も様々でありモデルケースも見つかるでしょう。

AWSの主なサービスを学ぶ

次にAWSの主なサービスを学びましょう。

AWSのサービスは数多くありますがよく使われるのは一部です。

基本的なサービスを学ぶ事によってAWSを実際に触れるイメージが湧き理解のきっかけになるでしょう。

AWSの主なサービスを学ぶためのリンクを3つ紹介いたします。

IT 初心者向けクラウド入門ウェビナー

IT初心者向けに前提知識となるITやクラウドを学習するコンテンツになります。

合計約三時間ほどで終わりますのでIT初心者はまず目を通しましょう。

ITについて学びそれはAWSでどう実現するのかといった疑問を解決することができます。

AWSサービス別資料

AWSのサービスについての資料がまとめられています。

レベルは少々AWSについて知識が必要ですがその分深く学びたい人におすすめです。

スライド形式にまとめられていて見やすく図なども多いので視覚的に理解可能です。

資料は全て目に通すのが不可能なほどあるので必要なものや興味のあるものをピックアップしましょう。

AWSハンズオン資料

AWSについて座学もいいですがハンズオン形式で実際に触ってみましょう。

実際に触って動かしてみると理解が深まります。

内容も基本的なものが多く必ず使うことになるサービスが多いので無駄なく学べるでしょう。

レベルは初心者向けから応用的なものもあり自分のレベルに応じたコースを選択できます。

実際に触ってみる

AWSについて理解するには実際に触ってみて動かしてみるのが一番です。

AWSに乗っけるWebアプリがないのでそういうときはWordpressを使いましょう。

AWSを理解するロードマップを紹介します。

EC2でWordpressを動かす

まずはEC2でWordpressを動かしてみましょう。

EC2だけでかまいません。RDSやS3は後ほど触ることになります。

また冗長構成にしなくてもかまいません。まずはEC2を理解しましょう。

EC2+RDS+S3でWordpressを動かす

EC2でWordpressを動かせるようになったら今度はEC2+RDS+S3でWordpressを動かしてみましょう。

DBやストレージを分離することによってよりAWSらしさが増します。

各サービスの連携について学びサービス同士を結合させましょう。

WordPressをベストプラクティス構成で動かしてみましょう

AWSのベストプラクティスについて学びWordpressをたててみましょう。

冗長構成やネットワークについて学びログの収集などもしてみましょう。

実際にサービスとして運用するイメージをし障害の検知や対策もしてみましょう。

ここまできたらAWSについての基礎は理解しているので後は実際に動かすサービスに合った構成を考えると良いです。

まとめ

まずはAWSについて全体像を把握し必要なサービスを見極めましょう。

その後資料を読み理解を深めましょう。

実際に触ってみることも大切です。

今回はWordpressを例にしましたが個人開発したWebサービスなども乗っけてみると楽しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました