PR

エンジニア転職に必須!未経験でも差をつけるポートフォリオのアイデア

記事内に広告が含まれています。

転職活動でポートフォリオを作りたいと思ってもアイデアが出ず困っていませんか?

この記事で紹介する「アイデアの作り方」を見ると誰でも簡単にポートフォリオのアイデアを思いつくことが出来ます。

私も転職活動をする際にポートフォリオのアイデアを出す経験をしたからです。

この記事では、エンジニア転職でのポートフォリオのアイデアの作り方を紹介します。

この記事を読み終えると、今後アイデアで悩むことなくポートフォリオ制作にとりかかれるようになります。

自分のレベルにあったポートフォリオにする

ポートフォリオのアイデア出しをする前にどんなポートフォリオにするか考えるのは大事です。

転職活動はポートフォリオ作成以外にも書類作成や面接対策などやることも多く大変です。退職していない場合働きながら転職活動をすることになるため中々時間がとれません。

レベルの高いポートフォリオを目指すのは良いことですが、制作に時間がかかり他のことが出来なくなるのは考えものです。

そこでポートフォリオのレベルは自分に合ったものにし、他の準備にも時間を割けるようにしましょう。

ポートフォリオとは自己アピールの一要素であり全てではありません。

面接対策や職務経歴など転職活動でアピールできるポイントは他にもありポートフォリオのみ見られるわけではありません。

ただあまりにもレベルの低いものを提出すると、むしろマイナス評価になってしまいますので、そういう場合はポートフォリオを作らないのも手です。

つまり、一番いいポートフォリオのレベルは自分に合ったものにするということです。

アピールしたい部分に力をいれる

なりたいエンジニア像をイメージし、必要なアピールポイントを考えてそこを強調したポートフォリオを作成しましょう。

例えばフロントエンジニアになりたい場合は以下のとおりです。

  • 見栄えをよくする
  • Javascriptのコードに力を注ぐ
  • 最新のフレームワークを導入する

サーバーサイドエンジニアになりたい場合は以下のとおりです。

  • データベースを使用する
  • セキュリティを意識する
  • 処理速度を計測する

インフラエンジニアになりたい場合は以下のとおりです。

  • AWSやGCPなどのクラウドを使用する。
  • 冗長構成にする
  • コスト面をこだわる

面接では力を入れた部分について説明できるようにして、業務でも役立てることが可能だとアピールすると良いでしょう。

アイデア例

それでは実際のアイデア例を挙げてみます。

自分に興味があるものや作れそうなもの、必要そうなものを選ぶといいでしょう。

ToDoアプリ

やることなどを管理するTodoアプリはポートフォリオにオススメです。

ToDoアプリは社会人にとって広く使われているもので面接官もイメージしやすいです。

既存のアプリを調査して、他のにはない機能をいれると差別化できオリジナリティが出せます。

また、データの取得、更新、削除、作成などのいわゆるCRUDが揃っているためWebサービスに必要なデータ処理について学べます。

CRUD処理があるWebサービスは他にもブログやSNSなどもありますので選択肢に入れてみましょう。

一人で使うことを想定して作ってもいいですし余裕がある方は認証機能を導入して多人数でも使えるようにするとよりアピールできます。

自分の趣味に関するもの

自分の興味に関するものから選んでもいいでしょう。

自分の好きなものですからモチベーション高く開発することが可能です。

ポートフォリオを作ろうと思っても完成しないと意味がないですからね。

完成しないで結局ポートフォリオなしで転職活動をして満足する結果が得られなかったっていう人結構います。

自分の趣味ですからみんなに喜ばれるサービスのアイデアは生まれやすいでしょう。

ぜひ作りきって転職活動に役立て趣味仲間にも使ってもらいましょう。

既存のWebサービスのクローンサイト

アイデアがどうしても思いつかない場合は既存のWebサービスのクローンサイトを作るのも手です。

結局エンジニア採用の場合は、Webサービスのアイデアより技術を見られますからクローンサイトでもかまいません。

ただ注意点としては、クローンサイトと割り切るなら技術面では手を抜けなくなることです。

既存サービスですからコピーを作れば良いわけでお手本がある状態ですから完璧なクローンを目指しましょう。

どうしてもクローンサイトを作りたくない人は、既存サービスに自分で考えた機能を一つでもいいので載せるとオリジナルのサイトになります。

既存サービスの不満点などを考えそれを解消する機能を考えると良いでしょう。

まとめ

ポートフォリオサイトを作る場合は、まずレベル面を考え自分に合ったものを選びましょう。

自分がアピールしたいポイントからこだわる場所を探しましょう。

アイデアは色々あります。考えても思いつかない場合はクローンサイトも選択肢に入れてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました