PR

エンジニアの勉強とプライベートのバランス

記事内に広告が含まれています。

エンジニアとして働く上で「プライベートでも勉強したほうがいいのかな」と悩んでいませんか?

この記事で紹介する「勉強とプライベートのバランス」を実践すると、勉強の必要性と継続可能なバランスがわかります。

私も実際に実践して楽しくプライベートでも勉強を続けていられているからです。
この記事では、プライベートでの勉強の必要性を説明し、勉強方法をご紹介いたします。

今後プライベートでの勉強について悩むことはなく、エンジニアとしてスキルアップすることができます。

プライベートでの勉強の必要性

エンジニアとして働く上で、プライベートでの勉強の必要性はあるのでしょうか?

ここではプライベートで勉強することのメリットを3つほど紹介いたします。

スキルアップできる

実は多くのエンジニアはあまり勉強しません。

ネットの定説でエンジニアは休日でも勉強していると言われることが多いですが、体感だと私の周りにそういった人は少ないです。

つまり、休日に勉強するだけで他のエンジニアよりも高スキルのエンジニアになることができるということです。

周りの高スキルなエンジニアに聞くと大体の人がプライベートでも勉強していると答えていました。

エンジニアには才能よりも勉強などの地道な努力が大切です。

業務に役立てる

業務で必要な技術を勉強で賄うことが可能です。

自分が知らない技術を業務で使うことになることは往々にしてあると思います。

その時は、勉強して理解し業務に役立てましょう。

また、業務で使うことになった技術は断片的になりがちですがプライベートの勉強では基礎から理解することによって応用的な使い方もできるようになります。

あやふやな知識で仕事をしてもミスの元なのでやめたほうが良いでしょう。

障害などの大きな問題に発展した場合は、社内での評価も下がり勉強しておけばよかったと後悔します。

業務で使う技術はしっかり理解することがとても大切です。

転職時のアピールポイントになる

プライベートで勉強したことは転職時のアピールポイントになります。

なぜなら、面接官に入社後でも勉強してくれて早く業務で活躍してくれるのかなと思われるからです。今まで使ったことない技術でも勉強して使えるようにできるからですね。

面接時のアピールポイントにしたい場合は、勉強した証拠を残しておくことです。

口だけで勉強してますといっても証拠がないと評価されないでしょう。

コードやブログで技術のまとめを作成しておくことで勉強した証拠とすることが可能です。

私は面接官をすることがあるのですが、勉強を継続的にしている人はやはり高評価となります。面接の受け答えからして内容を深く理解していることが伝わってくるんですよね。

勉強した記録としてブログやGithubのリンクを事前に知らせてくれると必ずチェックしています。エンジニアのレベルが大分推測することが可能です。

プライベートでの勉強方法

それではプライベートではどのように勉強すればよいのでしょうか。

ここではプライベートでの勉強方法について3つほど紹介します。

目標をたてる

まず目標をたてましょう。

プライベートでの勉強は慣れていないと大変ですから、目標をたてることによってモチベーションを高めます。

目標には以下の例があります。

  • 転職活動でアピールできるまでやる
  • 毎日決められた時間勉強する
  • 個人開発をする

目標は実現可能なものをたてるのがオススメです。あんまり難易度が高い目標をたてても挫折するだけですからね。

実現可能な目標をたて達成感を得られると継続できます。

勉強時間を決める

毎日決められた時間勉強するのは、続けられる勉強方法の一つです。

時間を決めることによってすんなりと勉強を始めることができます。

勉強に手をつけるまで時間がかかるんですよね・・・

時間を決めてさっと勉強を始めちゃいましょう!

アラームをセットし忘れないようにするのがコツです。

習慣化する

勉強を継続的に行うには習慣化することが一番です。

勉強に対する抵抗感は習慣にすることで減らすことが可能です。人間は継続的にしていることは続けないと罪悪感のようなものを感じるように出来ています。

勉強時間を決め毎日コツコツすることによって習慣化することができます。毎日の積み重ねはとても大きくて、毎日一時間するだけでも一年後には膨大な時間勉強したことになるでしょう。

ぜひ勉強を習慣化してみてください。

まとめ

エンジニアにとって勉強はとても大切でプライベートでもすることによって他のエンジニアと差をつけることが出来る。

プライベートでも勉強するコツは、目標をたて継続的にすることです。

習慣化しぜひ勉強を続けて行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました